リッジ・オブ・ティアーズ オレンジ シラーズ | オージー・ビーフ公式サイト

ワインリスト

関東地方で飲めるワイン
ワイナリー名 Logan Wines
ローガン・ワインズ
ワイン名 Ridge of Tears Orange Shiraz
リッジ・オブ・ティアーズ オレンジ シラーズ
品種 シラーズ 100%
アルコール度数 14%
産地 オレンジ G.I.
ニューサウスウェールズ州
テイストノート ローガン・ワインズが手掛ける生産量1836本の超限定ワイン。標高870mの冷涼産地「オレンジ」にて栽培されるシラーズのトップキュヴェを厳選。赤果実や樹木、胡椒などのスパイスが香る豊かなアロマを持ちます。複雑な風味ながらも明るくフレッシュな印象で、ピノ・ノワールをも彷彿させるエレガントなスタイルの豪州産モダンシラーズ。国内はもとより、オランダの星付きレストランでも提供され、その顧客には「Ciel Bleu (シエル・ブルー/2つ星)」や「Soigné (ソワーニュ/1つ星)」が名を連ねます。
ワイナリー紹介 ローガン・ワインズはオーストラリアを代表する冷涼な産地、標高500-1000mに位置するニュー・サウス・ウェールズ州の「オレンジ」地区、「マジー」地区で1997年よりワイン造りを行う醸造所です。醸造はオーナーでもあるピーター・ローガン氏自らが行います。ピーター氏が目指すワインは、オーストラリアワインの良さであるパワーと恵まれたフルーティな果実味、それに旧世界の繊細さ、骨格、バランスを融合させた独自のワインです。オーストラリアで最も冷涼な気候を持つ産地の一つであるオレンジ地区、マジー地区は日照時間が非常に長く、そして寒暖差が大きい冷涼な気候帯であることから、果実味がしっかりとしていて、尚且つエレガントでしなやかな、他にはないオーストラリアワインを育む産地として注目が集まります。
ピーター氏が産み出すワインは正に「現代オーストラリアの象徴」ともいえる味わいで、オーストラリアで新しいトレンドとなっているクールクライメイト(冷涼な気候下で生産されるワイン)のワインの代表格となっています。その評価は毎年うなぎ上りで、多くの金賞や評論家の評価を獲得するオーストラリアきっての醸造所に成長しています。
輸入企業 株式会社モトックス