トレーサビリティ

トレーサビリティ・システム

オーストラリアは過去40年にわたり家畜トレーサビリティの分野をリードしてきました。オーストラリアのトレーサビリティ・システムは、食肉業界と政府が協力して開発したもので、全ての牛肉を農場まで素早く追跡することができます。
詳しくは「オージー・ビーフの安全性(2010年版)」をご覧ください。

農場識別番号(PIC) Property Identification Code

  • ■ 各農場は、州政府により発行・運営される8桁のコードで識別される。
  • ■ 農場識別番号PICは、豪州での家畜トレーサビリティ・システムの基本となるもの。
  • ■ 1960年代から導入されている。

全国家畜識別制度National Livestock Identification System (NLIS)

  • ■ PICを含む家畜1頭ごとの情報を電子タグに記録し、装着するシステム。家畜の一生を通して、電子的に個体識別ができる。
  • ■ 1999年11月に導入を開始し、2005年7月に全州で義務化された。
  • ■ 取引の度に生産者または加工業者が情報を電子的に記録・送信する。
  • ■ 家畜の履歴に関するさまざまな情報の入力が可能。
  • ■ データを電子的に転送するので、入力ミスを防ぐことができる。
  • ■ 情報は中央データベースで一元管理。
  • ■ 農場からと畜場までの素早い追跡が可能。

州法で定められたNLIS導入義務化の経緯

出生農場から出荷する前に、仔牛に NLIS タグを装着
ビクトリア ニューサスウェールズ 南オーストラリア 西オーストラリア タスマニア クィーンズランド ノーザンテリトリー
2002年
1月
2004年
7月
2004年
1月
2005年
7月
2004年
7月
2005年
7月
2004年
4月
出生農場から出荷する前に、素牛・繁殖牛に NLIS タグを装着
ビクトリア ニューサスウェールズ 南オーストラリア 西オーストラリア タスマニア クィーンズランド ノーザンテリトリー
2003年
1月
2005年
7月
2004年
1月
2005年
7月
2005年
7月
2005年
7月
2004年
4月
すべてのと畜場で NLIS タグを読み取り、移動履歴を記録・保存
ビクトリア ニューサスウェールズ 南オーストラリア 西オーストラリア タスマニア クィーンズランド ノーザンテリトリー
2003年
1月
2005年
7月
2004年
1月
2005年
7月
2005年
7月
2005年
7月
2004年
4月
すべての家畜市場で NLIS タグを読み取り、移動履歴を記録・保存
ビクトリア ニューサスウェールズ 南オーストラリア 西オーストラリア タスマニア クィーンズランド ノーザンテリトリー
2004年
1月
2005年
7月
2004年
7月
2004年
7月
2004年
7月
2005年
7月
2005年
3月
すべての家畜市場で NLIS タグを読み取り、移動履歴を記録・保存
ビクトリア ニューサスウェールズ 南オーストラリア 西オーストラリア タスマニア クィーンズランド ノーザンテリトリー
2005年
7月
2006年
7月
2005年
7月
2005年
7月
2006年
7月
2007年
7月
2005年
3月

全国出荷者証明書National Vendor Declaration(NVD)

  • ■ 家畜の健康や安全性に関する詳細を表明するもの。
  • ■ 全国出荷者証明書は、家畜の所有者が売買に先立って記入・完成しなくてはならない。
  • ■ フォーム内に必ずPICやNLIS情報などを記入しなくてはならない。
  • ■ 食肉の安全性に影響する問題等の詳細を明記しなくてはならない。
  • ■ 事実に反する情報や、間違った情報を記載した出荷者は厳しく処罰される。
  • ■ すべての輸出加工業者は、購入するすべての家畜の全国出荷者証明書を受け取らなくてはならない。
  • ■ 全国出荷者証明書により、家畜の履歴を追跡調査することができる。
pdf 日本語訳ダウンロード

食肉加工場の追跡システム

  • ■ 家畜のPICは、枝肉がと畜室を離れる前に枝肉につけなくてはならない。
  • ■ 連邦政府は、枝肉が正確にPICと関連付けられることを義務付けている。
  • ■ 部分肉も同様にPICと関連付けられなくてはならない。
  • ■ すべての輸出向け食肉加工場に常駐するオーストラリア検疫検査局(AQIS)の検査官は、規定が正しく遵守されているか厳密にチェックする。

輸送

  • ■ 輸出牛肉のコンテナ番号は全てAQISの中央のデーターベースに保存される。