オージー・ビーフの概要

オージー・ビーフの概要

pdf 「オージー・ビーフ&ラム概要(2016年版)」※PDFのみ

日本の約20倍の広さのあるオーストラリアでは、約2,846万頭(2014年現在)もの牛が飼育されています。また、生産する牛肉の約2/3を輸出する世界最大級の牛肉輸出国であり、その経験と技術が品質をしっかり支えています。

さらに、オーストラリアにとって重要な牛肉輸出市場は日本。したがって、日本のお客様のさまざまな好みに合わせた牛肉を生産することができ、食文化の多様化に対応いたします。

オージー・ビーフの対日輸出量

日本の牛肉消費シェア(2015)

beef-summary_02

オーストラリアにおける代表的な肉用牛の品種

beef-summary_03

育て方のちがい

〈グラスフェッド〉

beef-summary_04-1

牧草飼育牛肉(Grassfed Beef)。大自然に育まれた栄養豊かな牧草により飼育された、赤身の多い牛肉です。

〈グレインフェッド〉

beef-summary_04-2

穀物肥育牛肉(Grainfed Beef)。穀物飼料により肥育された牛肉は、ジューシ ーでテンダー。脂肪交雑もほど良く入った、日本向けに開発された牛肉です。

飼料作物のおもな種類

〈牧草〉

beef-summary_05-1

イネ科、マメ科の植物を単独もしくは混播し、肉牛に良質な牧草を与えています。地域や季節により牧草の種類は異なります。

〈穀物〉

beef-summary_05-2

蒸して圧片し、消化しやすい状態にして肉牛に与えています。フィードロットや季節により穀物の種類は異なります。

賞味期限の比較

beef-summary_06

牛肉のカットチャート

beef-summary_07
【画像クリックで拡大します】