トピックス

MLA、オーストラリア産牛肉産業予測 2014

MLA 豪州食肉家畜生産者事業団(本社:オーストラリア、シドニー)は、このほど 2014 年 1 月末発表の「オーストラリア産牛肉産業予測」を発表しました。

*本予測は、昨今の国際的な経済不安や為替の激動に加え、気象変動などの予測が非常に困難な要素が多い ため、いくつかの最も可能性が高いと思われる推測・仮定(予測ではなく)に基づいております。

2013 年度は牛肉生産量、輸出ともに過去最高を記録する年となりました。豪州国内の生産環境は、降雨 量は少なく干ばつ傾向が予想されますが、2014 年も引き続き、牛総飼養頭数、と畜頭数、牛肉生産量、輸 出量ともに高い水準で推移すると予測しています。

2014 年の供給

  • ■ 総飼養頭数は 2.6%減の 2,825 万頭
  • ■ と畜頭数は 1978 年以来の高水準、前年比 14%増の 830 万頭
  • ■ 牛肉生産量は過去最高を記録、10%増の 236 万トン(枝肉重量ベース)
  • ■ 牛生体輸出は 2010 年以来の 80 万頭超え
  • ■ 牛肉輸出量は 2012 年の記録を 14%更新、110 万トン(船積重量ベース)

2013 年の実績

  • ■ 総飼養頭数は前年比 2.7 減の 2,750 万頭
  • ■ と畜頭数は 9%減の 760 万頭、例年以上に高い水準で推移
  • ■ 牛肉生産量は 8%減の 217 万トン、非常に高い水準で推移)

2014 年の需要

  • ■ 牛肉輸出量は 102 万トン、2013 年に続く記録的輸出量。対日輸出量は、7%減の 27 万トン、2014 年 も日本は豪州食肉業界にとって最大・最重要市場と予測。中国やインドネシアなどの新興国への輸出が堅調な中、対韓 17%減の 12 万トン、対米1%減の 21 万トンを予測。

1月に発表された2014年産業予測詳細(英文)はMeat&LivestockAustralia のホームページをご参照ください。
www.mla.com.au

参考資料

オーストラリア産牛肉・羊肉産業データ2014