EDUCATION

オージー・ビーフで元気キッズ!

【コラム】風邪に負けるな! 赤身牛肉で免疫力アップ

2017.11.08

【コラム】風邪に負けるな! 赤身牛肉で免疫力アップ

これからいよいよ風邪の流行する季節になります。風邪の予防は、マスクや手洗い、人ごみを避けることも大切ですが、どんなに予防していても風邪のウイルスに接触する機会を防ぐことは困難です。ウイルスに接触しても発症しない、風邪に負けない体力をつけることが大切です。そのためには十分な睡眠と適切な食事が重要です。

食事について言えば、バランスよくいろいろな食品を食べることが大切ですが、ここで注目は赤身の牛肉です。赤身牛肉は良質のタンパク質源であるだけではなく、鉄や亜鉛といった微量ミネラルがたくさん含まれています。タンパク質は私たちの体を作る大切な栄養素。特に成長期の子供たちにとっては大切です。

鉄や亜鉛は免疫に関係しています。免疫というのはウイルスや細菌から、体を守る防御システムのこと。免疫力を向上することで、感染症や病気の予防につながります。これからの季節はインフルエンザウイルスやノロウイルスが広がってきます。この秋冬を健康に乗りきるためには免疫力を高めることが大切です。

亜鉛は細胞の生まれ変わり(新陳代謝)にも必要なミネラルです。成長期には特に重要になります。身体を大きくして、免疫力をつける。亜鉛はそんな大切な栄養素です。

鉄は血液の中で酸素を運搬するために欠かすことのできない栄養素です。不足すると貧血になることもあります。体中に酸素がいきわたらない状態では、活発な身体活動は望めません。

良質なタンパク質源になり、鉄や亜鉛も豊富に含む赤身牛肉は、子供たちの成長、元気を支える重要な食材となります。皆様の食卓にぜひ登場させてみてください。

女子栄養大学・栄養生理学教授
上西一弘氏

◆◆◆ オージー・ビーフとブロッコリーのコロッケ ◆◆◆

● 材料(2人分)

じゃがいも 240g:よく洗って、丸ごと茹でる
オージー・ビーフ(ステーキ用) 120g:7〜8mmの角切り
玉ねぎ 1/4ヶ:粗くみじん切り
サラダ油 小2

A(塩・こしょう・ナツメグ) 少々
 ブロッコリー 100g:小房にわけて茹でて、細かく刻む
 衣(小麦粉・卵液・水 適量)
 パン粉 適量
 揚げ油 適量
 付け合せ(ミニトマト、レモンなど)

B(しょうゆ大1・ハチミツ小2・黒こしょう少々)

● 作り方)

1)じゃがいもは皮をとり、ボウルに入れてマッシュしておく。

2)フライパンにサラダ油を熱し、牛肉と玉ねぎを入れて、牛肉の色が変わるまで、中火で炒める。

3)1の中に、粗熱のとれた2とブロッコリーも加え混ぜ、Aも加え全体を混ぜ合わせる。

4)6等分に分け、丸く平たく形を調え、混ぜ合わせた衣をくぐらせ、パン粉をまぶす。

5)170度に熱した揚げ油で、こんがり色づくまで揚げて、器に盛り付け、付け合せを添える。

※免疫力に必要なビタミンAやEを含む、ブロッコリーをコロッケのタネにプラスしました。

2017.11.08

  • 【コラム】風邪に負けるな! 赤身牛肉で免疫力アップ

    2017.11.08

    【コラム】風邪に負けるな! 赤身牛肉で免疫力アップ

  • 【レポート】ラグビーの町と元気キッズ!

    2017.10.31

    【レポート】ラグビーの町と元気キッズ!

  • 【レポート】元気キッズ vs BBQ

    2017.11.03

    【レポート】元気キッズ vs BBQ