EDUCATION

オージー・ビーフで元気キッズ!

夏の元気な体作りに牛赤身肉

2018.08.16

夏の元気な体作りに牛赤身肉

最近の日本の夏は気温が高くなってきました。猛暑日(最高気温が35℃以上)と聞いても、驚かないようになってきました。気温が高くなるほど、夏バテがひどくなります。この夏バテの原因はいろいろと考えられます。例えば、暑くて食欲がなくなる、食べるとしても麺類などのみを食べる、アイスクリームなどの冷たい食品を多く食べる、このような食事が続くと、エネルギーは何とか確保できますが、摂取した栄養素をエネルギーとして利用するためのビタミンなどに微量栄養素が不足気味になります。

特に不足しがちなのは、ビタミンB1、ビタミンB2などのB群ビタミンです。これらのビタミンは摂取した栄養素をエネルギーに変換するために欠かすことのできない栄養素です。これらの栄養素が不足するとエネルギーが確保できずに、夏バテになります。

また、夏は発汗量が多くなります。汗の中には水以外にもナトリウムやカリウムなど多くの栄養素が含まれまます。鉄も汗の中に排泄されてしまいます。鉄が排泄され、体内の鉄が不足すると貧血になります。疲れやすくなりますが、夏場におこれば夏バテの症状となります。

日本では土用の丑の日にウナギを食べる習慣がありますが、こればビタミン類を多く含むウナギを食べることで夏バテを解消することにもつながるからです。牛赤身肉もウナギに劣らず栄養素を多く含む食品です。

夏こそステーキや焼き肉はいかがでしょうか。屋外でのバーベキュー(オーストラリアではバービーといいます)など最高です。麺類だけではなく、夏こそがっつりと牛肉を食べて、夏バテを解消しましょう。

女子栄養大学・栄養生理学教授
上西一弘氏

◆◆◆ 焼き肉のせ おろしうどん ◆◆◆

● 材料(2人分)

うどん 2束:表示通りに茹でて、ザルにあけて水洗いする
牛薄切り肉 160g
長ネギ 1/2本:斜め切り
サラダ油 小2
大根おろし 150g:軽く水気をきる
めんつゆ(ストレート) 適量
青ネギ(斜め切り) 少々
かまぼこ 4切れ

A(酒 大1・みりん 大1・しょうゆ 小2)

● 作り方

1)フライパンにサラダ油を熱し、牛肉と長ネギを加え炒め、Aで味つけをして取り出しておく。

2)器にうどんを盛り付け、上に1と大根おろし・かまぼこ・青ネギを盛り合わせ、めんつゆをかける。

2018.08.16

  • 夏の元気な体作りに牛赤身肉

    2018.08.16

    夏の元気な体作りに牛赤身肉

  • 新年も元気で! 子供の冷えには牛赤身肉

    2018.01.06

    新年も元気で! 子供の冷えには牛赤身肉

  • 痩せすぎに注意、赤身牛肉で元気な体作り

    2018.04.05

    痩せすぎに注意、赤身牛肉で元気な体作り