RECIPE
レシピ検索

牛肉のサルティンボッカ風

牛肉のサルティンボッカ風

調理時間:25分
エネルギー:436kcal

イタリア料理「サルティンボッカ」は、多くの場合 薄切りにした仔牛肉や鶏肉にセージの葉と生ハムを重ね、焼いてつくります。ここでは、オージー・ビーフの薄切り肉を主役に、セージに代えて手に入りやすいバジルを使い生ハムを省いてチーズ入りのパン粉をまぶしてパネソテー(パン粉焼き)にアレンジしました。 薄切り肉を折り重ねてボリュームを出しつつ、牛肉のやわらかさを損なわないようにしています。 油脂を控えたヘルシーレシピで、お子様からご年配の方まで、どなたにも召し上がっていただけます。

材料

2人分

  • オージー・ビーフ(薄切り)
    2枚
  • ズッキーニ
    1/2本
  • バジル
    4枚
  • 小さじ1/4
  • こしょう
    少々
  • オリーブ油
    大さじ3〜4
  • 小麦粉、溶き卵
    各適宜
  • レモン(絞りやすい形に切る)
    1/2個
  • 【A:チーズパン粉】※混ぜ合わせる
  • パン粉
    2/3カップ
  • パルメザンチーズ
    大さじ2

作り方

  • ズッキーニは縞目に皮をむき、5mm幅の輪切りにする。
  • オージー・ビーフを広げ、片面のそれぞれに塩、こしょうをふり、中央にバジルを2枚ずつ並べる。茶漉しなどに小麦粉を入れ、バジルの回りに薄くふる。左右それぞれ3分の1ずつを内側に折って重ね、縁を上から押さえ、しっかり閉じる。
  • 2に小麦粉、溶き卵、【A】のチーズパン粉を順につける。
  • フライパンにオリーブ油を入れて中火弱にかける。3の両面をこんがりと揚げ焼きする。焼き上がった肉を取り出したら、油を少量残し、1のズッキーニの両面を焼いて、軽く塩(分量外)、こしょうをふる。器に肉を盛り、ズッキーニ、レモンを添える。

ワンポイントアドバイス

こんがり、揚げ焼きのパネソテー=パン粉焼きは、洋食料理の定番調理法。軽い口当たりに仕上がります。

友だちにこのレシピを教える

「おいしそう!」「食べてみたい!」

Loading